MENU

イベント概要

出前授業でまえじゅぎょう

「こんな商品あったらうれしいな」という自由な発想でおさかなを丸ごと使った「夢の料理」を子どもたちがイラスト等で表現。海の環境、海での仕事、海に関わる人間の営みの楽しさを学び、水産資源を守り育てる持続可能な食文化を普及させる。

海と命を思いやりながら、自然と共生する日本古来の精神を尊び、物事を粗末にせず、大切に扱う伝統的文化を子や孫の世代へと伝えていく。

第一回 神奈川県三浦市立南下浦小学校

大日本水産会と日本海老協会が実施する食育出前授業が神奈川県三浦市の小学校で開催され、講師として参加させていただきました。 日本財団の海と日本プロジェクトがスポンサーの授業と言う事で、美しい海からの恵みを活かして地元海産物でまちおこしがテーマ。三浦海岸が一望できる小学校では、みうらーめんを商品開発したいとの要請で、和食出汁の基本「鯛のアラ汁」「昆布+鰹節+エビの出汁」の澄まし汁の二種を披露。

詳しくはこちら

第二回 千葉県松戸市馬場小学校

大日本水産会と日本海老協会が実施する食育出前授業が神奈川県三浦市の小学校で開催され、講師として参加させていただきました。 日本財団の海と日本プロジェクトがスポンサーの授業と言う事で、美しい海からの恵みを活かして地元海産物でまちおこしがテーマ。三浦海岸が一望できる小学校では、みうらーめんを商品開発したいとの要請で、和食出汁の基本「鯛のアラ汁」「昆布+鰹節+エビの出汁」の澄まし汁の二種を披露。

おさかなまるごとゆめ料理りょうり

詳しくはこちら

ベスト海老料理大賞授賞式えびりょうりたいしょうじゅしょうしき

10月16日(土)11:00〜11:30

「イタリア料理」「中華料理」「洋食」「和食」「フランス料理」の5名のトップシェフが「おさかな丸ごと夢の料理」で応募してもらった絵の中から厳選し、ベスト海老料理大賞の授賞式を行います。選ばれた料理はエビフェス2021のキッチンカーで、実際に食べることができます。

10月15日(金)・10月16日(土)両日

「おさかな丸ごと夢の料理」で選ばれた子どもたちの料理は、エビフェス2021のキッチンカーで食べることができます!子どもたちが考えた「夢の料理」を是非堪能してください。

  • えび丸ごとドリア

    ¥500税込

  • もちもちえび

    ¥500税込

  • エビゴロゴロボール

    ¥500税込

  • 海老のクリームコロッケ

    ¥500税込

  • ジャンボ丸ごとエビフライ2尾

    ¥500税込

巨匠きょしょうによるトークショー

10月16日(土)11:30〜12:30

各分野を代表する一流シェフによるトークショー!海ゴミ&フードロス削減をテーマに、ここでしか聞けない料理の真髄をお届けします!

  • 「オテル・ドゥ・ミクニ」 オーナーシェフ 三國清三氏

  • 「トゥーランドット臥龍居」 オーナーシェフ 脇屋友詞氏

  • 「日本橋たいめいけん」 三代目オーナーシェフ 茂出木浩司氏

  • 「ピアットスズキ」 オーナーシェフ 鈴木弥平氏

  • 「日本橋ゆかり」 三代目 野永喜三夫氏

出汁だし世界せかい

10月15日(金)15:30〜16:10

一般社団法人日本昆布協会 吹田勝良さまと一般社団法人日本鰹節協会 稲葉 泰三さまによる、意外と知らない「お出汁の世界」を堪能していただく特別ステージイベントです。

おさかな解剖学習かいぼうがくしゅう

10月15日(金)16:15〜17:00

『お魚かたりべ』(水産庁長官任命)である早武先生と生き物コンサルタント青木先生によるおさかな解剖学習

加工されたおさかなではなく、生きた姿のおさかなに触れ合うことで、生き物への思いやりを学んでいきましょう。普段何気なく食べている“海老や鯛”だけれども、実は大人でも知らないことが沢山あるんですよ。

海老えび®キャンペーン

詳しくはこちら
PAGE TOP