『海老の日🄬』祭りエビフェス!2022in大阪 9月14~19日開催決定

一般社団法人日本海老協会(事務局:東京都中央区築地6-23-12  代表理事:藤井務)は、2022年9月14日(水)~19日(月祝)に食育イベントとして『海老の日🄬』祭り エビフェス!2022in大阪を阪神梅田本店で開催します。『海老の日🄬』祭りは“海老の消費最大級”と“海老で食卓を笑顔満点”にすることを目指し、2013年の初開催以来、今年で9回目を迎えます。
このイベントは、持続可能な水産資源を守り次世代へ海を引き継ぐために、海を介して人と人とがつながる“日本財団「海と日本プロジェクト」”と漁業関係者が開催するプロジェクトです。

海老づくしの6日間!!「海老の日®」祭りエビフェス!2022の見どころ

9月19日(月祝)は「海老の日」!!
海老のプロフェッショナル・海老マニア・海老専門店が大集結!!
『食べる・考える・楽しむ・学ぶ』
”海老の日”までの6日間のイベントで海老がもっと好きになる!
長寿の象徴の海老を家族で食べてみんな笑顔に『海老の日の認知拡大』と『海老の消費拡大』を図ります!!

子ども~お年寄りまで愛される長寿の象徴「海老」食文化の普及活動として「海老の日®」祭りを開催します。また、「プラスチックごみによる海洋汚染」や「食品ロス」の問題を若年者とともに学び、その削減につながる取り組みを「エビ料理屋台」で実施します。その取組みを通じて、海の恵みである魚たちの「命を思いやる想像力」をもったライフスタイルを確立するきっかけとなる参加型の食育イベントを行います。

敬老の日は「海老の日®」なんです!

海老は、長いひげを持ち、腰が曲がっていることから長寿の象徴とされ、おめでたい食材として日本人に親しまれています。「海老の日🄬」は家族みんなで海老を食べ長寿を祝う祝日です。

「海老の日®」祭りエビフェス!の目的

わたしたち日本海老協会は、持続可能な美味しい水産物を子供やその先々まで食卓にとどけるために、『おさかな食育活動』と『海のゴミと食品ロス削減』のイベントを同時開催します。
日本の海老は95%が海外から輸入されることをご存知ですか?子供から大人まで日本人は海老が大好きな食材ですが、自給率はわずか5%。輸入されるそのほとんどは、ベトナム、インド、インドネシア、タイ、ミャンマーなど開発途上国といわれるアジアから「むきエビ」の状態になって日本の食卓に届きます。むきエビの歩留まりは、なんと1/2!。その半分の頭と殻の大半は現地で捨てられています。(=食品ロス)
そんな勿体ない現状を見直す活動として、実は殻がついていた方が美味しい、健康長寿に良い、見た目が豪華などこのイベントを通して消費者に新しい発見をしてもらうのが目的です。

【イベント概要】 ♦イベント名:「海老の日®」祭り エビフェス!2022 in大阪~海のゴミと食品ロス削減(海と日本)~
♦日   時:2022年9月14日(水)~19日(月祝) 10時~20時
♦会   場:阪神梅田本店1階 食祭テラス(〒530-8224 大阪市北区梅田1-13-13)
♦ア ク セ ス:阪神「大阪梅田駅」直結、JR「大阪駅」徒歩約2分
♦入 場 料:無料
♦主     催:一般社団法人日本海老協会
♦後   援:一般社団法人大日本水産会/エクアドル共和国大使館
♦協   賛:毎味水産(株)/マルハニチロ(株)/(株)ショクリュー/(株)ニチレイフレッシュ/日本水産(株)/富山県射水市/(株)極洋/カルビー(株)/(株)ノースイ/(株)ベニレイ
♦イベント 内容:
◎エビ料理屋台(6日間)
◎海老のつかみ取り体験(6日間)
◎エクアドル産エビの紹介&ダンス(9/17)
◎お魚まるごと解剖教室&料理教室(9/17.18.19)
◎ベスト海老料理大賞授賞式(9/17)
◎お出汁の世界(9/17)
◎海を守るトークセッション(9/18)
◎海老の落語(9/18)
※イベント内容は、変更もしくは中止になる場合がございます。

【日本海老協会について】
名   称:一般社団法人日本海老協会
所 在 地:東京都中央区築地6-23-12秋本ビル2F
設   立:2014年5月
代 表 理 事:藤井 務
事 業 内 容:長寿の象徴である海老を家族みんなで食べることを通して、長寿を祝い、家族の末永い健康と幸せを願う新しい食文化を創造すると共に、未来を担う子供達に、正しい「魚食」の知識を伝え、健やかな成長をサポートする食育推進活動を行うことを目的とする。